真星病院
診療科目
外科・消化器科 >

診療科目

受診される方へ > 診療科目 > 外科・消化器科

外科・消化器科
担当医師のご紹介
担当医 岩田医師写真
岩田 英之
 
認定資格
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本がん治療認定医機構
がん治療認定医、臨床研修指導医
 
「平成28年8月より外科・消化器科を担当しております。
 胃カメラ・大腸カメラは月・木に実施します。
 どうぞよろしくお願いいたします。」


担当医 新井医師写真
新井 修
 
認定資格
外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
 
「消化器外科が専門ですが、生活習慣病の予防・健康増進に興味を持っています。
 夜間、休日の急病にも対応させて頂きます。」
 


診療体制のご紹介
午前診察

診療時間:9時00分~12時30分

診察室
第2診察室   新井

(9:00~12:30)

  新井

(9:00~12:30)

岩田

(9:00~12:30)

新井

(9:00~12:30)

 


午後診察

診療時間:17時00分~19時00分

診察室
第2診察室 新井

(17:00~19:00)

新井

(17:00~19:00)

   

だっちょう外来
岩田
(14:00~16:00)

   

当診療科の休診・変更情報はこちら

腹腔鏡手術について

腹腔鏡(ふくくうきょう)とはお腹の中をみるためのカメラのことです。
腹腔鏡手術は、腹部に小さな穴を数箇所あけてそこからカメラや専用の電気メス、鉗子(かんし。
組織を持ったりはがしたりする道具)を入れて、テレビモニターを見ながら行う手術です。


1987年、フランスのMouretが腹腔鏡下胆嚢摘出術を報告したのが正式な腹腔鏡手術の始まりと言われています。
日本では1990年に導入され、その後急速に普及しました。
腹腔鏡下手術


従来の手術との違い

お腹の手術には「開腹手術」と「腹腔鏡手術」の2つがあります。
両者の違いは、結果に至るまでのアプローチにあります。

「開腹手術」ではお腹を切開して手術を行います。
お腹を開いて直接目で見ながら、術者の手で切除を行うので最もシンプルで確実と言えます。
一方、「腹腔鏡手術」はお腹にあけた小さな穴からカメラや器具を挿入し、炭酸ガスでお腹を膨らませ
モニタを見ながら器具を操作して手術を行います。
開腹手術に比べて難易度は上がりますが、手術の際の傷が小さいことが最大のメリットです。

腹腔鏡手術の優れている点

腹腔鏡手術は "体にやさしい手術" と言われています。
開腹手術に比べて傷が小さいため、美観に優れた手術と言えます。
傷が小さいことは見た目のみならず、痛みを軽減させ、早い時期から体を動かすことができます。
これを早期離床といい、短い入院期間で早期の社会復帰が期待できます。

  開腹手術 腹腔鏡下手術
傷 口 大きい 小さい
手術時間 短 い 長 い
癒着の可能性 大きい 小さい
手術後の痛み 多 い 少ない
術後の回復 遅 い 早 い


当院で「腹腔鏡手術」を行った患者様に頂いた手記です。
手術に至った経緯や、術前術後の心境などが綴られています。
是非ご一読ください。

 ・ 鼠径ヘルニア手術はこちら
 ・ 虫垂切除術はこちら
 ・ 胆嚢摘出術はこちら
 ・ その他の手術はこちら
  (胃切除術・小腸切除術・幽門側胃切除術・S状結腸切除術)


腹腔鏡手術が可能な手術(一例)
手 術 名
 胆嚢摘出術
 幽門側胃切除術
 胃部分切除術
 胃空腸バイパス術
 大腸切除術
 人工肛門造設術
 腸閉塞手術
 小腸切除術
 ソケイヘルニア根治術
 虫垂切除術
 尿膜管遺残

手術に関するご相談

手術については外来の担当医までご相談下さい。
費用や入院期間等、ご不明な点がございましたら下記窓口へお問合せ下さい。
  <お問合せ先>
    真星病院 総合サービス課
     Tel: 078-582-0111(代表番号)



お知らせ
平成29年7月より岩田医師による「だっちょう外来」を開始しました。

岩田医師の「だっちょう外来」は、毎週金曜日14:00~16:00に実施しています。
脱腸/ヘルニアでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 < 参考 >
当院で実際に行ったヘルニア手術の映像です。
主要なシーンのみを抜粋し、ヘルニア手術の様子を2分30秒でまとめました。
手術内容が気になる方は参考までにご覧下さい。


抗がん剤治療

ガンの増殖をおさえてがんを死滅させる効果のある薬(抗がん剤)を、点滴や内服(飲み薬)により使う治療方法です。
当院では、胃がん、大腸がんに対し、日本、米国等の新しいガイドラインに基づいて治療いたしております。

当科で可能な検査
内視鏡検査(胃カメラ/大腸カメラ)

NBI(Narrow Band Imaging)を使ったカメラを使用することで、早期に病変を見つけることができます。
希望があれば、寝ている間に検査が終わり、苦痛もない大変楽な静脈麻酔下での検査を受けていただけます。

※NBI内視鏡…通常光観察とがんの栄養補給路である粘膜表層の毛細血管や粘膜微細模様などを、色調の違いとして
強調表示する狭帯域光観察(NBI)機能を搭載した内視鏡のことで、がんの早期発見、病変の悪性度や範囲診断が
容易になります。





神戸市北区山田町上谷上字古々谷12-3
TEL:078-582-0111(代)  FAX:078-583-8908