真星病院
診療科目
リハビリテーション科 >

診療科目

受診される方へ > 診療科目 > リハビリテーション科

リハビリテーション
担当医師のご紹介

担当医 村田医師写真
村田 英紀
 
認定資格
脳神経外科専門医
日本内科学会認定内科医 
 
診療体制
午前診察

診療時間:9時00分~12時00分

診察室
リハビリ室 村田

(9:00~12:00)

村田

(9:00~12:00)

村田

(9:00~12:00)

  村田

(9:00~12:00)

村田

(9:00~12:00)

 
午後診察

診療時間:[月曜]13時00分~17時00分   [金曜]13時00分~16時00分

診察室
リハビリ室 村田

(13:00~17:00)

      村田

(13:00~16:00)

   

当診療科の休診・変更情報はこちら


リハビリテーション科のご紹介

[リハビリテーション科の理念]
 患者やその家族が、住み慣れた地域において安心して暮らすことができるよう、地域の一員として、
 心を込めたリハビリテーションを通じて、健康維持・推進及び街づくりに貢献する。

理学療法部門 [理学療法士:PT( Physical Therapist )]

当院の理学療法部門は、身体に障害がある方に対して、基本動作能力(歩く、座る、立つ等)
の回復・維持及び予防を目的にリハビリテーションの提供を行っています。
訓練は、運動療法や物理療法を実施するほか、実用的な日常生活動作訓練を行い、
在宅生活の自立や社会復帰に向けて支援しています。


●当院の物理療法  
  ホットパック
極超短波(マイクロ)
磁気加振式温熱治療器(ホットマグナ―)
過流浴(バイブラ)
超音波
低周波
間欠的空気圧迫(メドマー)
牽引
エルゴメーター

●運動療法  
  ROM-ex 歩行練習
  ROM-ex 歩行練習

 <私たちの取り組み>

365日リハ(理学療法のみ) 入院患者に対し、1年間365日リハビリテーションを提供しています。
(全ての入院患者が対象となりますが、患者のご希望や必要度等を考慮し対応しています)
入院中から退院後まで同一
セラピストが担当
入院時から退院までのリハビリに加え、退院後も必要に応じて外来通院リハビリやご自宅での訪問リハビリを継続します。また、当院デイケアやデイサービスでのリハビリ提供も行っています。
デイケア 専任理学療法士を配置し、全ての利用者に対し、毎回個別でのリハビリを実施しています。また、希望により作業療法、言語聴覚を受けることも可能です。必要に応じてご自宅へ訪問し、環境設定、動作指導を行います。
デイサービス(まほしの里) デイサービス(まほしの里:神戸電鉄「有馬口駅」)では、理学療法士が毎日訪問し個別でのリハビリや集団体操を実施しています。
病棟カンファレンス開催 医師、看護師、社会福祉士等と情報伝達・共有を行い治療方針や退院に向けた話し合いを行います。
褥瘡回診 入院患者を対象に褥瘡(床ずれ)のある方や予防が必要な方に対し医師、褥瘡認定看護師、看護師、管理栄養士、薬剤師、介護職員と協力し治療法やポジショニングの検討を行っています。
退院支援カンファレンス 入院患者を対象に社会福祉士、看護師、事務員等と現状を把握し、今後の方針について検討を行っています。
退院前カンファレンス 患者、家族、ケアマネジャー、社会福祉士、病棟看護師、介護用品業者、各種介護サービス事業所スタッフと現状から在宅復帰後のサービス調整や注意事項等の共有を行います。
退院前訪問 ケアマネジャー、社会福祉士、住宅改修業者と共に、自宅を訪問し住宅環境を整えます。住宅改修が必要と判断された場合には検討します。また、患者、家族に問題となった動作等にアプローチします。
糖尿病教室 地域住民の方を対象に行われる糖尿病教室に講師として参加し運動の指導を行っています。
診療統計のデータ化 詳細はこちらを参照ください。
院内及び地域・外部施設
における研修会開催
詳細はこちらを参照ください。
満足度アンケート調査実施 詳細はこちらを参照ください。


作業療法部門 [作業療法士:OT( Occupational Therapist )]

当院の作業療法部門は、脳卒中による運動麻痺や高次脳機能障害、骨折による関節可動域制限や
動作能力低下等の不具合をお持ちの方に対して、主体的な「その人らしい生活」の再獲得を目標に、
食事動作・排泄動作・入浴動作・更衣動作・整容動作等の日常生活動作訓練や身体各部の
機能訓練等のリハビリテーションの提供を行っています。
同時に、日常生活の自立や社会復帰に向けての支援を行っています。

     
  作業療法 作業療法


言語療法部門 [言語聴覚士:ST( Speech Therapist )]

当院の言語療法部門は、失語症(ことばを理解できない、うまく話すことができない等)や構音障害
(呂律が回らない、言葉が歪んだような話し方になる等)によるコミュニケーション障害がある方に対し、
コミュニケーション機能の改善や代替手段の獲得を目的にリハビリテーションの提供を行っています。
訓練は、専門的な言語訓練だけでなく、「人との関わり」や「生活の質」を重視し、日常生活に即した
コミュニケーション場面(機会)の提供に努めています。
その他、摂食嚥下障害(食べ物がうまく飲み込めない、喉に詰まりそうになる等)がある方に対し、
安全に食事ができるようになること、及び(誤嚥性)肺炎予防等を目的にリハビリテーションの
提供を行っています。食事が可能かどうかの判定に基づき、安全な食事摂取の方法を検討・指導し、
食事を楽しんでいただけるように支援を行っています。

     
  言語療法 言語療法

 <私たちの取り組み>

NST活動介入 NST(Nutrition Support Team)とは、患者に最良の栄養療法を提供するために、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師等の多職種で構成される医療チームのことです。言語聴覚士は患者の経口摂取可否や嚥下(飲み込み)機能に関する情報提供を行ったり、患者の栄養状態を把握し、適切な食事メニューの選定を行っています。
口腔ケア回診(歯科医と連携) 入院患者を対象に、定期的に口腔内の状況を確認し、必要に応じて専門的な口腔ケアの実施及び病棟スタッフへの情報提供・指導を行っています。また、往診歯科医と連携し、歯科的治療や義歯の修正・製作などが必要な患者の情報提供を行うことで、口腔(嚥下)機能・口腔内環境の改善及び誤嚥性肺炎予防に取り組んでいます。
嚥下外来 「食べる」こと全般に関して問題がある方に対し、問診・検査等による評価を行い、安全に食事ができるよう助言や訓練を行います。食事の際によくむせる、飲み込みにくい、口の中が汚れて困っている等、お困りのことがございましたら、当院リハビリテーション科/言語聴覚士へご相談ください。
(※ご希望があれば、嚥下食の調理指導(管理栄養士による)も行っています。)


訪問リハビリ部門
当院の訪問リハビリ部門は、在宅で生活されている方を対象とし、通院が困難な方のご家庭に直接スタッフが訪問しリハビリテーションの提供を行っています。
ご本人様が住み慣れた環境でより良い生活を送るための支援を行うため、当院では理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)がご自宅を訪問しています。
訪問リハビリ

 <私たちの取り組み>

訪問リハビリ専属スタッフを配置しており、当院または訪問看護ステーションを起点とし、事業実施地域以外でも相談に応じ、鈴蘭台~藤原台の幅広い範囲を訪問しています。
地域リハビリ勉強会を開催し、他事業所・多職種の連携を図るとともに地域包括ケアに向けた取り組みを行っています(介護予防体操、講演会、外出支援など)
PT、OT、STの3職種が訪問に携わっており、幅広いリハビリが可能です。


●訪問リハビリの対象者  
    【 対 象 】   【 対象外 】
  ・日常生活動作に支障をきたしているかた ・マッサージ希望
  ・屋外歩行が不安定な方 ・在宅生活を送るのに不自由が
  ・介護者への介助方法の指導が必要な方 ・ない方で機能訓練を希望される方
  ・住宅改修の検討が必要な方  
  ・社会参加や活動が少ない方
 

●訪問リハビリ開始までの流れ
<ご利用者様>
  1.訪問リハビリを希望される方は担当ケアマネジャーにご相談ください
     
<ケアマネジャー>
  2.ケアマネジャーより、主治医への訪問承諾依頼
    かかりつけ医療機関の主治医の訪問リハビリ導入の承諾
    *かかりつけ医が当事業所(真星病院)でない利用者様については当院より情報提供書
     指示書の依頼をいたします。
  3.担当ケアマネジャーより当事業所訪問リハビリへお問い合わせ
    ① 担当者へ電話でお問い合わせください
    ② 空き状況と利用者様の調整をいたします
    ③ その後、フェイスシート、介護保険証のコピーをFAXにて送付
    ④ 実施地域
    ⑤ 営業時間:午前8:45~17:00
  4.事前と開始日調整
    訪問リハビリを開始する前にリハビリスタッフがご自宅へ出向き、ご本人ご家族に希望を伺い、
    目標設定を行い、内容・期間・頻度・実施時間などを検討いたします。
    利用期間は目標を達成するまでの概ね3~6か月とします。
  5.訪問リハビリ開始
    訪問リハビリに関するお問い合わせはこちら
     [平日] 午前8:45~17:00
 TEL:078-582-0111(真星病院代表番号)
     リハビリテーション科スタッフまで
     




神戸市北区山田町上谷上字古々谷12-3
TEL:078-582-0111(代)  FAX:078-583-8908