平成28年度 真星病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 11 15 34 48 149 374 434 143
当院での下記定義における退院患者数は1,218人でした。年齢階級別では80代が最も多く、次いで70代となっています。
60歳以上が占める割合は90%、80歳以上で47%となっています。

【定義】
 ・ 入院時の年齢で集計
 ・ 医療保険で一般病棟に1回以上入院した患者が対象
 ・ 入院した後24時間以内に死亡した患者は集計対象外

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 27.74 21.25 0.05 88.47
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 13 11.08 5.50 0.00 67.62
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 10.00 9.08 0.25 70.33
060102XX99XXXX 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 10 5.80 7.89 0.00 61.9
060570XX99XXXX その他の消化管の障害 手術なし - - 7.65 - -
外科でDPC対象となった退院患者数は270人でした。そのうち、多かった診断群分類(DPCコード)の上位5つを掲載しています。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
※ 当院に入院される方はご高齢の方が多く様々な疾患をお持ちです。入院中はそれらの疾患も治療させていただいておりますが、診断群分類では入院中に医療資源を一番多く使用した傷病で集計されるため、診療科と傷病が一致しない場合もございます。
※ 平均在院日数が全国に比べ長くなっているのは、一般病棟以外の地域包括ケア病棟や療養病棟での入院期間も含まれているためです。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200XX9710XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 28 9.14 7.72 0.00 71.82
020240XX97XXX0 硝子体疾患 手術あり 片眼 - - 7.01 - -
020160XX97XXX0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 10.53 - -
020180XX97X0X0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 - - 8.27 - -
020200XX9700XX 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 7.70 - -
眼科でDPC対象となった退院患者数は88人でした。そのうち、多かった診断群分類(DPCコード)の上位5つを掲載しています。
当院の眼科で一番多い傷病は「白内障」ですが、そのほとんどが「短期滞在手術基本料」の対象であり、DPC対象外のためここには計上されていません。
1番目と5番目の違いは、硝子体に関する手術で同時に白内障の手術を行ったかどうかです。1番目は同時に手術は行っていませんが、3番目は同時に手術を行っています。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210XX97000X 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1・3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.38 - -
0400801499X012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名あり A-DROP スコア2 - - 18.71 - -
100380XXXXXXXX 体液量減少症 - - 9.33 - -
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし - - 12.43 - -
040070XXXXX0XX インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし - - 6.09 - -
循環器内科でDPC対象となった退院患者数は38人でした。そのうち、多かった診断群分類(DPCコード)の上位5つを掲載しています。
1番目の「徐脈性不整脈 手術あり」は、ペースメーカーを用いた治療を指しています。
3番目の「体液量減少症」は、「脱水症」のことです。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
※ 当院に入院される方はご高齢の方が多く様々な疾患をお持ちです。入院中はそれらの疾患も治療させていただいておりますが、診断群分類では入院中に医療資源を一番多く使用した傷病で集計されるため、診療科と傷病が一致しない場合もございます。
※ 平均在院日数が全国に比べ長くなっているのは、一般病棟以外の地域包括ケア病棟や療養病棟での入院期間も含まれているためです。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 5.79 - -
040090XXXXXX0X 下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし - - 6.02 - -
040100XXXXX00X 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 6.42 - -
小児科でDPC対象となった方のうち、多かった診断群分類(DPCコード)を掲載しています。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 36 52.75 20.57 0.00 79.33
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 12 66.83 27.63 0.08 81.92
160760XX97XX0X 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 10 11.1 5.49 0.00 69.6
070170XX99XXXX 下肢神経疾患 手術なし - - 14.69 - -
160980XX99X0XX 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし - - 20.45 - -
整形外科でDPC対象となった退院患者数は134人でした。そのうち、多かった診断群分類(DPCコード)の上位5つを掲載しています。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
※ 平均在院日数が全国に比べ長くなっているのは、一般病棟以外の地域包括ケア病棟や療養病棟での入院期間も含まれているためです。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 27.25 17.95 0.33 84.83
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.25 - -
100070XX99X100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術処置2-1あり 定義副傷病名なし 85歳未満 - - 14.61 - -
100040XXXXX00X 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.78 - -
0400801499X001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし A-DROP スコア1 - - 13.60 - -
糖尿病内科でDPC対象となった退院患者数は80人でした。そのうち、多かった診断群分類(DPCコード)の上位5つを掲載しています。
当院の糖尿病内科では、糖尿病を中心に内科系全般を幅広く診させていただいております。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
※ 当院に入院される方はご高齢の方が多く様々な疾患をお持ちです。入院中はそれらの疾患も治療させていただいておりますが、診断群分類では入院中に医療資源を一番多く使用した傷病で集計されるため、診療科と傷病が一致しない場合もございます。
※ 平均在院日数が全国に比べ長くなっているのは、一般病棟以外の地域包括ケア病棟や療養病棟での入院期間も含まれているためです。
人工透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 30.13 12.84 0.08 77.39
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 19.5 21.25 0.00 83.35
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.50 - -
100380XXXXXXXX 体液量減少症 - - 9.33 - -
160650XX99X0XX コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2 なし - - 23.85 - -
人工透析内科でDPC対象となった退院患者数は188人でした。そのうち、多かった診断群分類(DPCコード)の上位5つを掲載しています。
当院の人工透析内科では、外来だけでなく、入院による人工透析も行っています。
1番目の「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全・・・」は、人工透析が必要な「慢性腎不全」の方を計上しています。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
※ 当院に入院される方はご高齢の方が多く様々な疾患をお持ちです。入院中はそれらの疾患も治療させていただいておりますが、診断群分類では入院中に医療資源を一番多く使用した傷病で集計されるため、診療科と傷病が一致しない場合もございます。
※ 平均在院日数が全国に比べ長くなっているのは、一般病棟以外の地域包括ケア病棟や療養病棟での入院期間も含まれているためです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院ではいずれも患者数10人未満となっています。
癌の発生部位や進行度に応じて専門的治療を受けられる医療機関へ紹介しています。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 11 51.00 87.55
重症 12 22.08 82.83
超重症 - - -
不明 - - -
当院での成人市中肺炎の患者数は30人でした。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 0 - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
当院での脳梗塞の患者数は9人でした。
ICD10別ではいずれも患者数10人未満となっています。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - - - -
外科の手術件数は55件でした。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 338 0.14 1.25 0.00 77.41
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 58 0.38 8.09 0.00 71.84
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
K201 先天性鼻涙管閉塞開放術 - - - - -
眼科の手術件数は422件でした。
1番目の「水晶体再建術・・・」は、白内障手術のことです。
ここでは「短期滞在手術基本料」の対象であっても計上しています。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの(長径10センチメートル以上)(その他のもの)) - - - - -
※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
※ 当院に入院される方はご高齢の方が多く様々な疾患をお持ちです。入院中はそれらの疾患も治療させていただいておりますが、診断群分類では入院中に医療資源を一番多く使用した傷病で集計されるため、診療科と手術が一致しない場合もございます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(下腿) 15 3.73 11.47 0.00 73.4
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K0463 骨折観血的手術(指) - - - - -
整形外科の手術件数は62件でした。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
糖尿病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) - - - - -
K282-2 後発白内障手術 - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
糖尿病内科の手術件数は10件でした。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
※ 当院に入院される方はご高齢の方が多く様々な疾患をお持ちです。入院中はそれらの疾患も治療させていただいておりますが、診断群分類では入院中に医療資源を一番多く使用した傷病で集計されるため、診療科と手術が一致しない場合もございます。
人工透析内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K282-2 後発白内障手術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
人工透析内科の手術件数は13件でした。

※ 患者数が10未満の場合は「-」と表記しています。
※ 当院に入院される方はご高齢の方が多く様々な疾患をお持ちです。入院中はそれらの疾患も治療させていただいておりますが、診断群分類では入院中に医療資源を一番多く使用した傷病で集計されるため、診療科と手術が一致しない場合もございます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 -
異なる - -
180010 敗血症 同一 0 -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 0 -
異なる 0 -
180040 手術・処置等の合併症 同一 0 -
異なる 0 -
当院ではいずれも患者数10人未満となっています。
更新履歴
2017/9/27
H28年度病院指標 公開開始